特殊用途向け鋼材・ステンレス快削鋼・工作機械・金属・金型のジェムス・エンヂニアリング

HOME > 金型ソリューション > 自由曲面測定

樹脂成形品の自由曲面形状を立体評価する事で全体の歪みやそり変形等の検証が可能になります。

※自由曲面形状と設計 CADモデルとの比較
金型で成形された試作品の自由曲面と設計モデルを比較する事で形状評価が可能となります。
リバースエンジニアリングによりソリッドモデルを作成する事も可能です。

○樹脂流動解析そり変形結果と設計CADモデルとの比較
Moldex3Dによる変形解析結果で得られたそり変形モデル(STL)と試作品の自由曲面モデルを比較する事で、予見された情報と現実との差を検証することが可能です。

予見と現実をループ検証する事で、二つの差異を縮める事で製品開発全体を短縮する事が可能となると考えます。

自由曲面測定

光学式3Dデジタイザ(ATOS)により測定対象物に触れることなくポリゴンメッシュとして3D化します。



※測定時の製品固定が重要
製品自体の重さ(自重)により、たわみが発生します。
測定結果でキャビ側、コア側を正確に測定する為には自重によるたわみを防止する治具に
固定する事が必要となります。


弊社が考案した拘束されず製品を固定する専用治具を使用します。

下記YouTubeにて撮影風景を視聴出来ます。

Contact

お問い合わせ・ご相談

電話・FAXでのお問い合わせ

03-3862-3301

03-3863-2123