特殊用途向け鋼材・ステンレス快削鋼・工作機械・金属・金型のジェムス・エンヂニアリング


Moldex3D2021特集ページ

Moldex3D2021紹介

2020より速く使いすく

解析パフォーマンスの向上

収縮・そり変形の相変化 保圧時の相変化と残留応力変化を計算し
収縮・そり変形の精度が向上
繊維強化材料の特性予測 繊維強化樹脂の機械特性を補正する機能で
そり変形の精度が向上
バックリングの予測 座屈による大変形をサポート
高機能

スマート統合による機能強化

iSLM いつでもどこでも、解析結果を確認し試作結果と比較
が可能となりました。
SYNC NX,Creo ,SolidWorks上で計算、結果の確認
Linux Linux server HPCでの計算実行が可能となりました。
スマートナレッジ

先進プロセスと複合材料予測のグレードアップ

RTMの強化 ドレーピングにノンマッチングメッシュが対応
発泡プロセスの予測精度 成形工程で圧力上昇によるセル消失と再生成を
考慮し複雑な現象を予測できるようになった。
詳しく、説明が必要な場合は、オンライン若しくは、対面での説明も可能です。
こちらから、お申込みください。


収縮・そり変形の相変化を含めた予測

固化挙動の考慮:
緑:実際そり変形結果 黒:以前のソルバー、赤:今回の最新ソルバー
固化挙動の計算に通常の状態方程式PVT計算だけではなく、固化挙動と応力変化を考慮しました。より実際のそりに近い結果が得られるようになりました。

ノズルウィザード

精度向上を本格的に実施する場合、成形機のノズル内部の樹脂の挙動も考慮することが重要であると分かってきました。その為、手間なノズルのモデリングを簡単にするためノズルウィザードが準備されました。

機械特性の予測


短繊維材料の機械特性を用いてデータ補正する事で繊維強化入り樹脂のそり変形の予測精度が向上しました。

バックリング予測をサポート


座屈による大変形を予測できるようになりました。

各種ウィザードが充実(ノズル、ゲート、ランナー、冷却管)

完全な3D解析をするには、モデル形状を作成するのに手間がかかっていました。その手間を省略するためテンプレートがあれば、以前よりも簡単に解析が可能となります。Studioに準備されたノズル、ゲートランナー、冷却管ウィザードをしようすれば、手軽に3D解析が可能となります。

RTMノンマッチングメッシュの流動・キュアリング解析をサポート

積層マットのドレーピングにノンマッチング技術が適用可能となり多くの手間を省略する事が出来るようになりました。又、熱可塑性プリプレグ(連続繊維)シートの複合成形シミュレーション機能が強化されプリプレグの特性を設定する事で繊維配向の充填や、そりに与える影響を解析する事が出来るようになりました。それにより、製品設計、工程設計の最適化が可能となります。

Contact

お問い合わせ・ご相談

電話・FAXでのお問い合わせ

03-3862-3301

03-3863-2123